明日咲くつぼみに  (No.100)

ライン




三波春夫さんは、 晩年前立腺がん(平成6年1月宣告)におかされますが、 平成13年4月14日(享年77歳)に亡くなるまで、 家族以外には内緒で歌手活動を続けていました。

三波さんは新しい境地を切り開きたいと、 永六輔に歌詞を依頼(平成8年の暮れのことです。)します。 永は喜んで引き受けます。 そして出来たのが「明日咲くつぼみに」という歌詞です。

早速レコード録音となりますが、 三波さんはいつものとおり、こぶしを回して張りのある明るい声で歌います。 しかし、これに永は頭を縦に振りません。
もっと、元気なく優しく歌って欲しいと言うのです。
永は、何歳になっても百歳になっても歌ってもらえる歌にしたかったのです。
だからボソボソと語るように歌って欲しいのです。

浪曲界から歌謡界に転身、 本来の明るく前向きな性格に裏付けされた歌い方が確立されていたため、 それを変えるのは、 きっと生き方を変えることくらいに難しいことだったと思います。 なかなか、永の言うとおりにはなりません。

付き添っていた三波さんの妻ゆきは、 永の要求は三波には無理だと言って頭を下げます。
しかし、その直後、永はスタジオの窓越しに奥さんの怒鳴り声を聞きます。

「永六輔さんの言っていることが分からないのか。 力を抜け、三波春夫じゃないか。
もう三波春夫はいないのか。」 と怒鳴ったというのです。

永は泣いたそうです。 この奥さんがいて三波春夫があると思ったそうです。
その後、永の思いどおりのレコーディングが終了しました。
永六輔が三波春夫さんの癌を知ったのは、亡くなってからのことです。
知っていたら書けない詩だったと言っています。

私はこの話を聞いて、本当に心を打たれました。 感動のあまり涙が込み上げました。
三波春夫さんもさることながら、奥さんのゆきさんにです。 思いやりの極致を見たからです。

我々凡人が出来る、夫(又は妻)の思いやりは、 せいぜい、静かに死なせてやるくらいのものではないでしょうか。 癌で病んでいる夫(又は妻)に、 きつい言葉など投げつけることが出来るでしょうか。

思いやり・・・茂木健一郎は「学力と比例する」と言い、 養老孟司は「他人の心が分かることが教養である」と言い切ります。
私は愛情さえあれば、自然に生まれてくるものだと思います。











SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO